読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

調剤薬局 儲かるのか? 基礎編

調剤薬局の実態を学生でも分かるように包み隠さず暴露します。





皆様が気になるのは単刀直入に『儲かるのか?』だと思います。

結論を先に言えば、今までは儲かっていましたが5~10年以内に、ほとんどの薬局が赤字に切り替わります。病院も例外ではありません。




その理由は国の財政難が原因です。

薬局や病院は健康保険から7~10割支払われるため準公務員みたいな感じです。

薬局に支払われる診療報酬(お金)の見直しが昔から2年に1回ありますが、直近10年で急激にダウンしています。



この診療報酬(お金)は、どんな作業をしたら○○点、この薬を出したら○○点と決まっていますので、どこの薬局で同じ薬をもらっても、患者の支払い金額には差は出ません。(厳密には若干の差は出ますが今回はスルーします。)




薬剤師一人で処理して良いのは1日処方箋40枚までと法律で決まっています。

では、1日40枚で月いくらの利益があるのか?





答えは200~250万円です。そこから、人件費や設備代などを支払います。



法令遵守する会社であれば、処方箋1日40枚の薬局では、常勤薬剤師1人と常勤が週40時間勤務を越えないように休み用のパート薬剤師を雇います。この時点で薬剤師の人件費100万前後かかります。

また、この規模だと常勤事務員2人とパート事務員1人が必要になり事務員の人件費で70万前後かかります。




人件費の時点で単純計算170万かかります。




そうなると残りの30~80万で建物や機械のリース代、光熱費や生活備品(テッシュ、トイレットペーパーなど)の支払いが必要になります。




もし、これから一店舗だけの調剤薬局を開業をするのであれば、自ら常勤薬剤師として働ける人でなければ意味がありません。そして、ローンして開局すれば確実にローン金利に喰われ赤字になります。現金で開業費に5000万以上用意できないなら諦めて下さい。


※今は開業費5000万が目安ですが、近い将来は数億円の開業費が必要になります。

次回も、ちょっと薬局業界のお話をいたします。