中小企業の薬局が生き残るには?

最近、潰れる話ばかりでしたので、たま~には生き残るには方法を書こうかと思います。



結論から言いますと、以前書きました経営パターンⅡの地域密着型です。

パターンⅢのブランド型でも生き残れますが、今からシフトチェンジするには時間がかかるため、一般的な調剤薬局は本当の意味での地域密着型を進めるべきです!!




薬剤師募集中の経営者に『薬剤師募集の謳い文句は、どうしますか?』とお聞きすると


『地域密着』としてくれ。と言われる事が多いですが…


私に言わせれば、ただの門前薬局は地域密着ではありません!!!



だって、門前薬局で薬もらうのも院内でもらうのも変わりません!

いや!院内の方が安くて楽です(笑)



本当の意味での地域密着にするには患者目線が必要です。

経営者は医療に関係ない知人や親戚に『どうすれば良いか?』意見を聞くべきです。




ちなみに私が関わった薬局では、まず始めに、徹底的に掃除の習慣を従業員につけてもらいます。

汚い薬局なんて論外ですからね。特にトイレは気づかないうちに汚れていますので!