今後の薬剤師の年収

今後の薬剤師の年収予想です。

あくまでも調剤薬局の話ですが

多くの薬剤師が年収400万前後になります。


門前の調剤薬局が増えすぎて、多くの薬剤師が門前の調剤薬局で働いています。

門前の調剤薬局は、国の方針で減らす予定です。

また、総合病院では薬価差(仕入れ価格と患者に渡す価格の差)が欲しくて院内に戻す動きも一部ではあります。

昔は、薬価差とるために院内にして面倒な管理するくらいなら、院外に処方箋を出す

という考えでしたが

今は病院経営も厳しくなって少しでもお金が必要なのです。





ただし、一部の調剤薬剤師は700万どかもらうことが10年はできるでしょう。

それは在宅居宅を中心にやる調剤薬局です。





直近10年は在宅居宅で国は稼がせてくれます。


ただし!長くは続かないので注意してください。

以前にもお話しましたが、在宅居宅はアメリカのマネです!


アメリカはバックで保険会社が見張り大金を支援したから成功しました。

日本は確りした見張りはいませんし、大金を動かせません。

だから、長くは続かず在宅居宅ですら失敗政策になります。

でも、もらえるお金はもらえるうちに沢山もらいましょう(笑)

在宅居宅が失敗政策の後に国がどうするのか?誰にも分かりませんので。