利口な金貸し

皆さん、日本が太平洋戦争を仕掛けた理由をご存知でしょうか?

簡単にお話しますとアメリカに借りているお金の莫大な金利をチャラにするためです。結局、太平洋戦争にも負けて、平成直前まで借金を返し続けるハメになりました。


では、なぜ莫大な借金をアメリカにしたのか?




それは、日露戦争です!

当時のロシアは日本の3倍以上という軍事力を誇りました。

その軍事力を引っくり返すためにイギリスとアメリカから借金をしたのです。


アメリカは『ロシアを従わせたい。でも、自分の手は汚さない』となり日本に莫大なお金を貸しました。

しかし、これには裏があり、日本が勝とうが負けようが、アメリカが得をするようにロシアにも莫大なお金を貸していたのです。そして、ロシアの政治にも介入しました。



要するにアメリカは日本にもロシアにもお金を高金利で貸していたので、2重に儲けたのです!

戦争に勝っても負けても国は完済するまで借金を返す義務があります。




『敵は味方のフリをする』こんな台詞を頻発するドラマありましたよね(笑)