車好き薬剤師pafit

薬剤師が趣味の車やボート、ジェットスキー、アウトドアなど普段から思ったことや得た知識を適当に書こうと思います。

調剤薬局 個別指導 対策①

調剤薬局をやっていれば一度はくるであろう

 

個別指導

 

都道府県で多少の違いはあるものの基本的なポイントは同じです。

 

個別指導の90%は薬歴の査定です!別名は『管理者薬剤師の適性試験』とも言われています。

 

残り10%が会社として病院との利害関係、患者への値引きなどの不正がないかの調査です。

 

 

 

個別指導が当たりやすい薬局は

 

新規開業して1年

技術料が高い

単価が高い

売上が高い

不正の告発

 

この5つです。

 

新規個別指導(開局1年)と開業何年もたっての個別指導は違うと言う人がいますが、この発言は無知な人の発言なので信用しないで下さい。問われるポイントは同じです。また、あえてダメなところを作り指摘時間を稼ごうと小細工をする人がいますが、厚生局は事前に指摘する箇所は決めているので小細工してもムダです。むしろ、小細工により指摘箇所が増えて更に減点査定されます。

 

 

 

ちなみに、個別指導と監査は違います。

監査はほぼ100%の確率で閉局です。

警察で例えるなら『監査=逮捕』『個別指導=事情聴取』です。

 

個別指導は厚生労働省の地方厚生局が行います。保健所は行いません。

保健所は薬歴の中身などはチェックできず、どこまでも構造と備え付け書類のチェックしかできません。時々、保健所が薬局を訪問し検査を行いますが構造チェックと必要書類が備えつけているかのチェックだけで薬歴の中身までは精査しませんし、する権限がありません。

 

 

 

 

個別指導までの流れは

 

1ヶ月前に個別指導の案内が薬局に郵送される

事前に一部の必要書類を厚生局に郵送する

個別指導1週間前に指定患者15~30人FAXで案内がくる

個別指導前日に指導患者10~20人FAXで案内がくる

当日、指導患者の薬歴などを持参して厚生局へ(管理者薬剤師、開設者、店舗の事務の代表の3人で出席)

 

このようになります。

 

開設者が出席できない時は事前に委任状を厚生局に送り代理人の専務などが出席します。間違ってもエリアマネージャー程度の役職の人は代理人にならないで下さい。エリアマネージャーでは印象が悪すぎます。最低でも部長クラスが出席してください。

 

 

 

※個別指導の対策、内容は②に続く

 

 

 

https://pafit.amebaownd.com

こちらは私が運営するホームページです。

https://profile.ameba.jp/ameba/pafitpafit

こちらがアメーバブログです。

車やボートの話を徐々に増やしていくので、興味あれば見てください🎵