読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今後の中小規模の薬局

先日お会いした社長さん

5店舗経営されており、日本最大の日○調剤の取締役と同級生で仲良しだそうです。情報源は全て日○調剤からで、日○調剤と同時に同じ対策をしているから安心とのことでした。


今までの調剤薬局であれば、それでも経営は成り立ちますが、今後はそうは行きません。




診療報酬に頼り続ければ大手調剤、大手ドラッグストア、コンビニ等の大資本を持っている会社と中小規模の薬局は戦わなければなりません。

なぜ大企業との争いになるかといいますと、診療報酬down により薄利多売型の商売を強制的にすることになります。


以前、経営は3パターンに分かれるお話をしましたが、薄利多売型は資金力のある大企業のみが生き残れる経営方法です。


身近な話で例えますと『大型スーパー VS 個人商店』と同じ構図が調剤薬局でも始まるのです。


では、中小の調剤薬局が生き残るには、どうすれば良いか??

そのヒントは、生き残っている個人商店にあります。

セブンイレブンのオープン戦

私の家の真横にセブンイレブンがオープンしました!

オープンイベントで近所の家には『このチラシ持参でトイレットペーパー4ロール全員プレゼント』なんてチラシが4回も入りました!

当然、4回もらいに行きましたが(笑)



セブンイレブンってフランチャイズだから、FCオーナーが自腹切ってますよね?

オマケにガラガラで珈琲無料チケット3杯、カップラーメン2つ、うまい棒4本もらいましたよ(笑)


FCオーナー大赤字ですね。



セブンイレブンのそこそこ人気店なると年収2000万くらいらしいです。


人気店なるには広々な駐車場が必要不可欠になります。理想は300坪以上



年収2000万と言っても深夜はオーナー家族が店頭に立ちますので、夫婦2人でやれば1人あたり年収1000万、家族3人でやれば1人あたり年収660万…。


微妙ですね。FCオーナーは自営業扱いなので年金は国民年金生活保護者支給額の半分以下です。


自営業やるなら年収4000万円以上でないと年金などで損するらしいです。



ちなみにセブンイレブン本社が収支アップさせてるのは、プライベートブランド商品と惣菜一口サイズらしいです。

取引先こそ最大の金融機関

ある社長が『俺は金を払う立場、だからこそ限界まで値引きを要求し、雑用もやる言うことの聞く取引先を選ぶ』と発言しました。


このような会社は傾いた時に一瞬で吹っ飛びます。





私のコンサルティング先では

『取引先とは対等と思うこと』

『下請け会社は存在せず、一般的に下請け会社と言われてる会社は協力会社』

『協力会社も自分の会社と思うこと』

『会社の大小はあっても会社に上下はない』

ということを徹底してもらいます。





人も会社も良いときは運が良いだけです。

本当の実力は傾いている時です。

傾いている時は自分だけでは何もできません。誰かの協力が必要です。



昔、トヨタ自動車は借金地獄になり銀行融資もストップされました。その時、協力会社も倒産寸前にも関わらず、協力会社が色々と借金などしてお金を集め、トヨタ自動車に今の価値で数百億もの融資したのです。協力会社は日産自動車に鞍替えするチャンスがあったのにも関わらず。

そこから、一気にトヨタ自動車は大きくなりました。


会社はお金で成り立つのではありません。人とお金でなりたつのです。

管理職にするなら、男?女?

エリアマネージャーにする人を悩んでいる。

能力的にも年齢的にも変わらない男女の二人のどちらかを選ぼうかと…

薬局経営者から相談がありました。




私の結論はケースバイケースです。


会社成長期なら男

会社安定期なら女

という結論です。




これは脳の違いからです。

男は未来(結論)をみる傾向があり

女は今(過程)をみる傾向があります。




会社安定期の男のマネージャーは無駄に夢をみて現場の和を乱します。

会社成長期の女マネージャーは先を見れず行き当たりばったりで現場が纏まりません。



さらに言うと



男は会社全体は見れても、ピンポイントでは見れません。

女はピンポイントで見れても、会社全体は見れません。




今までの調剤薬局は門前で経営すれば何もしなくても儲けてきました。だからこそ、女性のみの調剤薬局で上手くいきました。


しかし、これからは診療報酬に頼れず自ら稼ぐ方法が必要です。



そうなると、診療報酬部門を女性に、診療報酬以外の部門を男性にやってもらうのがベストなのかもしれません。

薬剤師の職業紹介会社は詐欺

薬剤師の職業紹介会社のほとんどが詐欺です。

以前にも書きましたがネット求人に載せてる90%以上の案件は偽年収です。

紹介会社を斡旋するようなサイトは、紹介会社から広告料を取り、載せているので嘘っぱち!



紹介会社で働く人間は月給13~18万+歩合

歩合は一人紹介で5~70万



歩合の割合が大きいため嘘をつき、調子の良いことを言い、適当に就職先を紹介してきます。


少し難しい希望、良いの有ったら転職等を伝えた途端に紹介会社からの連絡が途絶えることも多々あります。


紹介会社の人間は、毎月の歩合が欲しいため簡単に転職させれる人にしか連絡しません。

直ぐに転職する人にしか連絡しません。

直ぐに採用してくれる会社しか紹介しません。

金額交渉など実際にはしていません。

就職させてしまえば知らん顔します。

アフターフォローなどありません。




皆さん調子の良い奴には騙されないで下さい。紹介会社の人間の99%は自分のことしか考えていません。






では、そんな業界でなぜ私が職業紹介を行うか?


それは、私の経験上、転職時には嫌な思いしかしなかったので、同業の皆さんに同じ思いをしてほしくないからです。


私自身、現役の調剤薬剤師として働いています。

だからこそ、表面上の処方箋枚数や薬剤師の人数、休暇日数だけではなく、トータルで本当に居心地の良い薬局で働いて欲しく、ブラック薬局は倒産して欲しいのです。



私は、会社維持に必要な通信費、事務所代などの最低限の金額しか紹介料として調剤薬局に請求しません。


一般的な紹介会社のように200万円も300万円も請求しません。


調剤薬局が薬剤師紹介料で浮いたお金は、転職する薬剤師の引っ越し代などに出すように交渉しています。それすらケチるセコい会社には紹介しないようにしています。


その反面、横柄な薬剤師にも紹介はしません。


本当に良い薬局、良い薬剤師のみが生き残れれば良いと思っています。

車買取り店は詐欺?

久々に医療業界以外のネタです。

多くの人が人生で一度は車を売ったことはあるのではないでしょうか?

今回のネタは自動車買取り店がどの様に会社を大きくしているかを簡単にお伝いします。




中古車の基本的な流れは

買取り→業者オークション→中古車屋

と流通します。




その為、買取り店と中古車屋の双方で利益を出すために、買取り時と店頭価格でかなりの差額が出ます。






今回は買取り専門業者をピックアップしてお話いたします。





○リバーや○ィーバイ○ィーは急激に成長した買取り会社です。

この会社達の共通点は『業者オークションで売れてから買取り金を払う』です。今は、先払いをしてますが、昔はこれで儲けて会社を大きくしました。




具体的流れは

①買取り査定時に高く見積もり車を引き取る。

②業者オークションで高く売れれば査定価格を払う。業者オークションで安く売れればイチャモンつけて買取り価格を下げる。

③客がキャンセルを申し出たら、『キャンセル料、陸送費、査定費』という名目で10~20万円以上の請求をし、客にキャンセルを諦めさせる。

です。


これをやれば軍資金なくても確実に会社を大きくできます。しかし、裁判で訴えるお客さんも沢山います。裁判で訴えられたら、事が大きくなる前に査定額+αを払うというセコいことをしてきました。逆に+α狙いのチンピラ客がいたことは言うまでもありません(笑)



皆さんは気をつけて下さい!

ちなみに今の○リバーや○ィーバイ○ィーは先払いで真面目に払います。

ビジネスモデルの寿命は30年

ビジネスモデルは30年と言われています。

勃興→隆盛→衰退に30年です。

これは一つのビジネスモデルを続けた時の話です。



100年も存続する会社は成熟直前に次の一手を考え

勃興→隆盛→勃興→隆盛→勃興

と繰り返します。




薬局は1965年に処方箋専門の調剤薬局ができ、80~90年代は診療報酬(保険からの支払)でボロ儲けし急成長しました。

そして50年以上経過した今は衰退期であり賞味期限切れなのです。


何が賞味期限切れか?と言いますと、診療報酬に頼った収入が賞味期限切れなのです!




昨年6月時点で1053兆円の負債を国は持っています。

そのうち国債残高が817兆円


これだけの負債があるのですから、診療報酬が賞味期限切れになるのは当たり前です!





なぜ日本が潰れないのか?

それは日本人の貯金が1000兆円あるからです。


日本国は日本人から借金(国債)をしているのです。

日本国の負債1053兆円を日本人の貯金でプラスマイナス0にできるから潰れないのです。


今後も超高齢化でGDP減少により収入減、支出増になり日本国の負債は増加。それにより、日本人の貯金ではカバーできない負債額になり公共事業の大幅縮小されます。

診療報酬も例外ではありません。



従来のビジネスモデルの調剤薬局とは決別した薬局の価値需要を考え作る必要があります。


従来の調剤薬局崩壊により、医師のコネのあるバカ経営者は潰れ、利口な経営者が事業拡大のビッグチャンスです!