読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成30年 2018年  診療報酬 改定

次回の診療報酬改定

調剤薬局は2/3の点数にするこで大まかな話が動き始めました!

しかも、調剤報酬は大幅ダウン

2/3の多くを『かかりつけ薬剤師』に分配する計画です。



この原因は日○調剤です。

日○調剤は厚生局へのレポートで

『日○調剤の登録薬剤師の半分以上が、かかりつけ薬剤師を行い、平均100件/人の契約、かかりつけ薬剤師により収入増加』

と出したためです。


前回、お話した通り、かかりつけ薬剤師を真面目にやれば労働基準法違反になります。

上場企業の日○調剤が明らかな労働基準法違反を行うとは思えません。

要するに、かかりつけ薬剤師制度のグレーな隙間を縫い労働基準法にならないように『手抜きかかりつけ薬剤師』を行って収入を増やしているのです。

そうなると、グレー部分の改善を官僚は行い『かかりつけ薬剤師』の要件を厳しくすると思われます。


大手なら、『かかりつけ薬剤師』の要件を厳しくされても、資金も従業員も多いため対応できますが、中小薬局はアウトです!


かかりつけ薬剤師制度に頼れば頼るだけ会社は傾きます!

かかりつけ薬剤師に頼らなくても生き残れる方法を考えましょう!